体への負担が少ない免疫治療に注目|がんを治したいなら知っておこう

看護師

心の病気を抱えている方

レディ

自律神経失調症を発症すると、緊張しているわけではないのに脈拍が早くなったり、身体が怠くなったります。心の不調を感じた時はすぐに心療内科に行くようにしましょう。カウンセリングや投薬によって症状が改善されます。また温泉で身体を暖めることは自律神経失調症予防に有効です。

詳細を確認する

外来通院で治療が可能です

看護師

他の治療法と併用できます

免疫治療は、患者の体への負担が少なく、外来通院で治療ができます。初期のがんから末期がんまで、どんな段階でも繰り返し治療が行えるメリットがあります。また手術、放射線、抗がん剤といった標準的な治療法と併用することも可能で、患者の生活の質を改善したり、再発、転移予防にも使える特徴を持っています。さらに、痛みを緩和したり、化学療法の副作用を低減させる効果も期待できます。特に注目されているのが免疫療法に温熱療法や低用量化学療法を併用する治療法です。治療法を組み合わせることによって、掛け算的に効果を倍増させることができます。免疫治療は、がんの治療法の選択肢を広げ、組み合わせによる多様化で患者一人一人に合わせた治療が可能になっています。

免疫力を高めます

がん細胞の周囲には、好ましくない細胞があります。それらの細胞は、がん細胞を取り囲み免疫力を低下させます。免疫治療と温熱療法や低用量化学療法との組み合わせにより、これら免疫力を低下させる細胞の働きを抑制させることができます。結果的に、免疫力が高まるのでがん細胞への攻撃力が強まります。このような治療を続けていくと、がん細胞が減少したり、消滅したりすることが期待できます。時間のかかるアプローチではりますが、副作用の心配がないこと、患者の生活の質を落とさずに治療が可能なことをなどが大きなメリットです。免疫治療の分野では、医療技術の進歩はめざましく治癒率も上がっています。今後ますます増えていく治療方法の一つです。

大腸のがんへの対策

医者と患者

大腸がんは無症状の場合があり、その場合、すでに肝臓や肺に転移していることもあります。しかし、それでも完治する可能性はあります。もっとも、転移前に発見することが重要であり、早期発見に役立つのが検査です。大腸がん検査は便潜血検査を最初に行い、問題があれば内視鏡検査、または注腸検査を行います。

詳細を確認する

免疫力を利用したがん治療

病院

患者自身の免疫力を強化することでがん治療に役立てようとする医療技術を免疫細胞療法といいますが、その治療法の1つに樹状細胞療法があります。免疫細胞群の司令官的役割を持つ樹状細胞を利用して、効率的にがん細胞を攻撃します。

詳細を確認する