免疫力を利用したがん治療|体への負担が少ない免疫治療に注目|がんを治したいなら知っておこう

体への負担が少ない免疫治療に注目|がんを治したいなら知っておこう

医者

免疫力を利用したがん治療

病院

自然治癒力の源を活用

免疫細胞療法といえば、これまでになかったタイプのがん治療法として注目されている医療技術です。免疫細胞とは体内に存在する細胞群で、細菌やウイルス、がんなどに侵された細胞を見つけるとこれを攻撃し、無害化します。健康な人でも毎日数千個の細胞ががん化していると言われていますが、それが深刻な事態に至らないのはこの免疫細胞の働きによるものです。免疫細胞療法は、がん患者の体内にある免疫細胞の活性を高めることで、がん細胞の消滅を目指す治療です。免疫細胞療法はどの免疫細胞を強化するによって治療法が異なりますが、そのうち樹状細胞と呼ばれる免疫細胞を利用するものを樹状細胞療法といいます。樹状細胞療法は、効率的にがんを駆除できると評価されています。

他の治療法との併用も可能

樹状細胞は骨髄で作られる免疫細胞で、抗原提示という特殊な能力を有しています。抗原提示とは、がん細胞などに接触するとそれを有害物質として認識し、その情報を他の免疫細胞に伝達する働きのことをいいます。つまり樹状細胞は、免疫機構をコントロールする司令官のような役割を果たしているのです。樹状細胞療法では患者の身体から採取した樹状細胞を抗原と接触させ、その特徴を覚えさせてから体内に戻します。抗原には人工的に造り出したペプチドや、患者自身のがん細胞を利用します。これによって抗原提示の効率性を高め、がんへの攻撃能力を強化することができるようになります。樹状細胞療法は身体への負担が軽く、入院の必要もありません。また、放射線治療などの他のがん治療と併用することで、相乗効果を期待することもできます。